腰椎分離・すべり症

腰痛の男性

分離症

分離症とは、背骨の腰部にある腰椎の後ろの椎弓という部分が疲労骨折によって離れてしまうことをさします。

すべり症

すべり症は、疲労骨折によって離れてしまった椎弓が不安定になるため、腰椎の椎体という部分が前にすべってしまった状態を言います。

ただ、椎弓の分離を伴わないすべり症もあります。

この場合は、偽性すべり症と呼ばれています。

整形外科でMRIやレントゲンで腰部を撮影すると分離症・すべり症が確認できます。

医師からは分離症・すべり症があり脊髄神経を圧迫するため、腰痛や足のしびれの原因になっていると説明されます。

当院の考え

しかし、分離症・すべり症が確認できたとしても、必ずしも腰痛や足のしびれがあるとは限りません。

まったく症状がない人がたくさんいます。

ですから、神経の圧迫によって痛み、しびれなどが出るというのは間違っているわけです。

腰痛、足のしびれなどの症状は、整形外科で言われるような分離症・すべり症が原因ではなく、内臓の機能低下によるものがほとんどです。

そして、交通事故などの外傷によって腰痛、しびれが出る場合もあります。

対処

整形外科では、鎮痛消炎剤などの痛み止めなどで対処します。

整体などの民間療法の施術所では、ストレッチなどによる筋肉の調整が行われます。

当院の場合は、内蔵の機能を高めるため“気”の調整を行って腰痛、足の痛みに対処します。


0 件のコメント:

コメントを投稿

あごの痛み(顎関節症)

  あごの痛みは生活習慣が原因している? あごの痛みは、生活習慣が関係しているという説があります。 その生活習慣は ・パソコン作業などで長時間同じ姿勢 ・下あごを突き出す姿勢 ・高い枕を使っている ・ほおづえをつく姿勢 ・眠る時にうつ伏せになっている などが言われています。 この...