腰椎分離・すべり症

腰痛の男性

分離症

分離症とは、背骨の腰部にある腰椎の後ろの椎弓という部分が疲労骨折によって離れてしまうことをさします。

すべり症

すべり症は、疲労骨折によって離れてしまった椎弓が不安定になるため、腰椎の椎体という部分が前にすべってしまった状態を言います。

ただ、椎弓の分離を伴わないすべり症もあります。

この場合は、偽性すべり症と呼ばれています。

整形外科でMRIやレントゲンで腰部を撮影すると分離症・すべり症が確認できます。

医師からは分離症・すべり症があり脊髄神経を圧迫するため、腰痛や足のしびれの原因になっていると説明されます。

当院の考え

しかし、分離症・すべり症が確認できたとしても、必ずしも腰痛や足のしびれがあるとは限りません。

まったく症状がない人がたくさんいます。

ですから、神経の圧迫によって痛み、しびれなどが出るというのは間違っているわけです。

腰痛、足のしびれなどの症状は、整形外科で言われるような分離症・すべり症が原因ではなく、内臓の機能低下によるものがほとんどです。

そして、交通事故などの外傷によって腰痛、しびれが出る場合もあります。

対処

整形外科では、鎮痛消炎剤などの痛み止めなどで対処します。

整体などの民間療法の施術所では、ストレッチなどによる筋肉の調整が行われます。

当院の場合は、内蔵の機能を高めるため“気”の調整を行って腰痛、足の痛みに対処します。


首の痛み

首の痛みがある女性

首の痛みの原因

首の痛みの原因は

・姿勢が悪い、スマホ、パソコンの見過ぎ、寝具が合わないなどの原因で筋肉の異常(筋肉が硬くなるなど)が出て痛くなる

・首の骨の異常(頸椎捻挫、外傷性頚部症候群、頸椎症、後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症)により神経が圧迫されて痛みが出る

・胸郭出口症候群(首から出て腕のほうに走っている神経が鎖骨の部分で圧迫されるため痛みが出る)

などのことが一般的には言われています。

しかし、神経が圧迫されたとしても痛みとは関連がありません。

ですから、整形外科で神経の圧迫を解放する手術を受けたとしても、痛みは改善しにくいのです。

また、姿勢の問題などで筋肉が硬くなったとしても首の痛みとは関係ありません。

当院では、上記のようなことよりもむしろ首の筋肉が内臓の機能低下の影響を受けて痛みが出ていると考えています。

そして、内臓の機能低下は、“気”という体を流れるエネルギーの滞りが関係しています。

施術

首の痛みに対する施術は、首の骨の矯正、首や肩周りの筋肉の調整をすることが一般的です。

でも、上記したように首の痛みは内臓が関係していることがほとんどなので、骨の矯正、筋肉の調整では内蔵の機能低下を高めることが難しいため、痛みの改善はしにくいのです。

当院では、“気”の調整を行ってエネルギーの滞りを整えて内臓の機能を高めていきます。

その結果、首の痛みも改善の方向に向かいます。


うつ病

うつ病は、一般的に心が原因だとされています。

そのせいか知りませんが、甘えだとか怠けているだけだという人もいます。

しかし、そういった心の持ちようだけでうつ病になるわけではありません。

カウンセリングなどを受けて心にアプローチして、一時的には症状が好転したとしても、また同じ症状がぶり返してしまいます。

気分が落ち込んだりするのは、脳にある神経伝達物質(セロトニンなど)の分泌異常によって脳の働きが低下しているからなのです。

ですから、心の問題ではなく肉体的な問題によって症状が出ているのです。

そして、神経伝達物質の分泌異常は、体を流れるエネルギーの滞りが関係しています。

このエネルギーは、一般的に“気”と言われています。

このように“気”というエネルギーの滞りが原因して症状が表れるといった考え方は、東洋医学に基づくものです。

それはともかく、エネルギーの滞りが原因して、脳の働きが低下しているわけですから、滞りを改善していけば、うつ病に伴う気分が落ち込むといった精神的な症状や眠れない、めまいが起きるといった身体的症状もいい方向に向かいます。

ただし、“気”の調整といった自然療法を行った場合、いったん症状が悪化することも少なくないです。

こういった現象を好転反応と呼びます。

そして、好転反応が起きた後に症状が改善していくわけです。

あごの痛み(顎関節症)

  あごの痛みは生活習慣が原因している? あごの痛みは、生活習慣が関係しているという説があります。 その生活習慣は ・パソコン作業などで長時間同じ姿勢 ・下あごを突き出す姿勢 ・高い枕を使っている ・ほおづえをつく姿勢 ・眠る時にうつ伏せになっている などが言われています。 この...