手首の痛み(腱鞘炎)がなかなか良くならないでお困りの方へ

手首の痛み

手首の痛み(腱鞘炎)がある時、症状を和らげるため自分で手首の部分をストレッチをしたりサポーターをつけたりします。

そして、症状がひどい時は、マッサージ、整体、鍼灸などの施術を受けて、症状のある手首をほぐしてもらったり、骨の矯正をしてもらいます。

そのような施術を受けれたりセルフケアをすれば、痛みが引くこともあります。

手首に原因がなければストレッチをしたり骨を矯正しても意味はありません

しかし、手首のストレッチや骨の矯正では、なかなか症状が変わらないこともあります。

なぜでしょうか?

それは、症状のある手首まわりにある筋肉や骨などには原因がないからです。

手首の症状の原因が手首の部分になければ、いくらいろいろやったとしても、まったく症状が変わらないか、変わったとしても数時間~1日くらいで戻ってしまいます。

では、手首の痛みの原因はどこにあるのでしょうか?

例えば、手首に負担がかかるようなことはなにもしていないのに、急に手首が痛くなることがあります。

この場合、原因として内臓が関係していることが考えられます。

では、なぜ内臓が関係していると、手首が痛くなるのでしょうか?

それは、手首の部分にある筋肉が、内臓の影響を受けて緊張が強くなり痛みが出ているのです。

この現象は、内臓筋肉反射と言います。

そして、内臓は、東洋医学で言われる“気”という体の中を流れるエネルギーの影響があります。

手首の痛みが出るしくみ

“気”の流れが滞る

内臓の機能が低下

手首の筋肉の緊張が強くなる

手首の痛み

手首の痛みの対処

手首の痛みの対処は

・筋肉の調整(マッサージ、ストレッチなど)

・骨の矯正

・テーピング

・サポーター

・手術 

などの方法があります。

当院の対処法

上記のように、手首の痛みは“気”の流れが滞りが大元の原因となります。

ですから、当院では“気”の流れが滞りを整える調整をします。

尚、筋肉の調整、テーピング、骨の矯正では“気”の流れが滞りは、整えることが難しいため、調整効果は一時的になりやすいです。

 

斉藤施療院

◆TEL.0574-65-4279

◆営業時間 9時~12時 14時~21時

◆施術料金

初回 4500円

2回目以降 3500円

◆休   日 水曜日

◆住   所 岐阜県可児市今496-7


0 件のコメント:

コメントを投稿

尿漏れでお困りの方

尿漏れと骨盤の歪みは関係ある? 尿漏れは、骨盤の歪みは関係があると謳っている整体院があります。 そして、骨盤の歪みを正すと、臓器が本来の位置に戻るため、尿の漏れも改善すると言っています。 しかし、骨盤の歪みを正しただけでは、臓器の位置はそんな早く変わることはありません。 骨盤を...